クラウドバンクをお勧めしている一番の理由

このブログで度々クラウドバンクに関して取り上げておりますが、その他にも融資型クラウドファンディングを運用している会社が存在します。

何が違うのか?

なぜ私はクラウドバンクにこだわるのか?

【一番の理由は小額投資】

一番の理由は小額投資です。

1万円から運用できるのはクラウドバンクだけです。

その他は、3万円とか5万円。

場合によっては10万円が最小単位です。

気軽に始める事ができる金額じゃありませんし、リスク回避での分散を考えると、最小単位はやはり小さいに越した事はありません

【その他の違い】

最小投資金額以外でクラウドバンクとその他の運用会社との大きな違いはありません。

敢えて言えば、私の好みですが、ウェブサイトがシンプルで見やすくわかり易いところでしょうか。

 
あと、行政指導を受けたのもクラウドバンクだけです。

だから、ネット上の評価はあまりよくありません。

ネットの評判は次のブログにまとめてありましたので参考にしてみてください。
⇒ クラウドバンクの評価と口コミ(クラウドバンク徹底解剖!)

でも、ネット上の評判は良くなくても、事実65億円以上のお金を集めて運用している実績には逆らえません。

しっかりとした数字は出ていませんが、ひと月で3~5億円近く集めているようです。

最小投資金額1万円で月に3~5億円を集めるんですから、これはネット上の無責任な批判よりも信用できる実績です。

だからクラウドバンク推しなんです

他の運用会社も、担保がしっかりしていて安定している不動産に特化していたりと様々な特色を打ち出しています。

それでも、融資型クラウドファンディングの「貸付先が開示されない」という怖さを考えると、どうしても小額を多種のプロジェクトへ分散させたくなります。

融資型クラウドファンディングってのがどの様なものか、感覚を掴む為に「お試しで1万円から運用してみる!」って事もできますしね。

是非クラウドバンクから始めてみましょう。 ⇒ クラウドバンクで資産運用

クラウドバンクは真剣にやってんのか!!!???

今回は辛口記事(デタラメ記事)です。

昨晩、お酒を飲みながら考えていました。

「クラウドバンクを始めとする融資型クラウドファンディング運用会社は、真剣にやってんのか!?」

酔っぱらいの戯言です・・・。

■ 元本保証できんのか!!!

投資家は、自分の元本を掛けて真剣に運用しています。

人生を掛けてやっていると言っても過言ではありません。

と言っても、融資型クラウドファンディングの投資は運用するプロジェクトを決めるだけで後は任せ切りなので、自らリスクヘッジとかする必要も無いから、真剣とか無いかもしれませんけど・・・。

でも、メンタル的には真剣にやってるんです。

なのに、運用会社側はもし運用失敗しても、利息が入って来ないだけですか!?

信用落とすだけですか!?

担保と保証を取っているのなら、半分とか7割とかはカバーできるはずで、残りを自社で補填しますとか、そう言う本気度が無いんですか!?

せめて、投資家の損失を折半してくれるとか、お金の問題じゃなくて、取り組みとしての真剣さの話です。

株やFXみたいな金融商品とは違うから、貸付け先を審査した責任として少しはそう言うのあってもいいんじゃないの!?

そうは言っても無理でしょうし、もしそんな事ができたら利息も下がるでしょうし、融資先の倒産が引き金で運用会社まで連鎖倒産されても困ります。

そう考えると、現在の制度で仕方ないのかなあ・・・。

マジでヤバい!2016年のお勧め資産運用法

2016年も第二四半期に入りました。

資産は増えているでしょうか?

私は絶対損をしない5%利回りのお勧め資産運用法を見つけましたので、紹介します!

いや、絶対とは言い切れませんが、「ほぼ絶対」かな?

※自己責任でお願いします<(_ _)>

【融資型クラウドファンディングで分散投資が最強!】

融資型クラウドファンディングって、資金を集めて企業へ融資して、利息を運用益として出資者へ分配する仕組みです。

安全性は運用会社にて行われる融資前の審査が全てです。

クラウドバンクやSBIソーシャルレンディング、maneoなど、代表する運用会社は損失を出しておらず、審査能力は問題無いと考えています。

それでも万一の倒産が起こったら!?と疑心暗鬼になって、資産運用を始める事ができない人は多いのではないでしょうか?

■50万円を運用してみよう

これには、クラウドバンクのような小額から利用できる会社でないとできません。

損をしない運用方法とは、2万円を25のプロジェクトに分けて運用するのです。

これまでの過去の運用実績から、融資先の倒産はゼロ。

と言う事は、万一の場合が発生したとしても、年に1件有るか無いかでしょう。

(2件、3件と立て続けに倒産する事の無い事が前提です。)

■絶対(?)損をしない理由

1件の倒産が発生したとします。

担保や保証があるはずなので、2万円全てが損失になる事は無いと思いますので、半分戻ったと仮定して1万円損失とします。

残りの48万円は24のプロジェクトに分かれて運用されており、予定通り5%の利益が出たとします。
(実際は5%以上あると思います)

すると、残りのプロジェクトから入る利益は2万4千円

税引き後は1万9千円くらいの利益になります。

1件の倒産で発生する推定損失額は1万円だけど、残りのプロジェクトで1万9千円の利益があるので、差し引き9千円のプラスです。

もちろん、倒産が無ければ2万5千円の利益です。(税引き前)

■まとめ

手数料が発生しない上、利息が5%だからできる分散法です。

同じように100万円を損せず運用する方法で考えるなら、倍の4万円を25プロジェクトに分散すればよい事になります。

問題は1件以上の倒産が発生した場合ですが、現在の運用状況であればそこまでの心配をする必要はないでしょう。

しかも例え2件倒産したとしても、大き過ぎる損失にはならないのが良い点です。

50万円を25プロジェクトへ分散して運用したとします。

融資先が2件が倒産し、半分を担保と保証で取り戻せたと仮定すれば、損失2万円

残り23プロジェクトでの利益は2万3千円

税引き後の利益は1万8千円程なので、損失も2千円程に収まります。

これくらいなら損をしていないと同じです。

怒り狂ったり、落ち込んだりする金額でもありません。

この絶対損をしない(可能性が高い)投資法は、小額運用が可能なクラウドバンクを利用しましょう。

公式サイトから口座開設! ⇒ クラウドバンクで資産運用

複利で運用益を増やそうよ!クラウドバンクの秘訣

クラウドバンクで資産運用する時は、同じ元本でも長期を視野に入れて運用しましょう。

複利のメリット

複利とは、運用で得た利益を次の案件に元本として出資する事で、徐々に元本の額を増やしてゆく事です。

例えば、年利5%、運用期間12か月、元本10万円で20年後を目指して運用したとします。

初年度の運用益は5千円なので、2年目の元本は10万5千円。

すると、2年目の利益は5,250円。

3年目の元本は105,250円で、その年の利益は5,262円。

徐々にですが元本が増えてゆき、その分運用益も増えてゆきます

■短期運用ではメリットがない

この複利は、短期運用ではあまりメリットがありません。

でも、20年で考えれば10万円の元本は252,695円となり、単利の時より5万円以上も利益が出るのです。

ですから、クラウドバンクのような大きなリターンのない資産運用では、長期を視野に入れた運用が一つのポイントとなります。

あなたがどれ位の金額を運用できるかわかりませんが、30万円を20年複利運用した場合は75万円になりますし、50万円を20年複利運用した場合には126万円にもなります。

長期運用のコツは目標を持つ事

そんな長期の事など考えることはできない。

って思うかもしれませんが、確かに先の事過ぎます。

だから、目標をもって運用する事です。

「子供の大学入学式の資金として。」とか「老後の資金として。」とかでもいいでしょう。

何か目的をもって運用するようにしましょう。

●長期運用でメリットを発揮する資産運用は ⇒ クラウドバンクで資産運用

心構えなんていらない!クラウドファンディングの資産運用

資産運用は少なからずリスクがあるという意味で、やはり始めるにあたっては120%の準備と100%の知識、120%の覚悟が必要と思っていませんか?

実際に運用しているのは、そんなに情熱や覚悟を持ち合わせている人ではありません。

完璧主義では動けない

何でも同じですが、全てを理解してからスタートするという方法は褒められたものではありません。

それではいつまで経っても、スタート地点にすら立てません。

そもそも、がっつり勉強してから始めないと損をする可能性が高いっていう資産運用方法は、難しい資産運用です。

その様な難易度の高い資産運用であれば、恐らくしっかり勉強してから始めても、続けていくうちに損をしてしまう事もあるでしょう。

知識のいらない資産運用

とは言え、まったく知識のない状態で始めても、闇の中へ踏み出すのと同じで何をしたら良いかすら分かりません。

でも、大変な勉強は避けたいけど、資産運用はして行きたいと考える人は多いのではないでしょうか。

解決策は、簡単且つ確実な資産運用を選択することです。

勉強しなけれればならない量が少なければ、概要を理解するのもさほど時間はかかりません。

それに、簡単であると言う事は複雑でなく理解しやすい為、リスクを把握し易いと言う事になります。

即ち、簡単である事は確実であると言う事なのです。

その簡単かつ確実な資産運用は貸付型クラウドファンディングです。

企業に貸した利息が利回りと言う、それ以上でもそれ以下でもない単純さ。

単純明快なので大した勉強もせずにスタート可能です。

更に、運用サイトが分かり易ければ何の文句もありません。

その分かり易い運用サイトを展開しているのがクラウドバンクです。

多分、クラウドバンクに関して何も知らないあなたが公式サイトを訪問しても、軽くサイトを流し見しただけで十分理解できると思います。

いきなり口座開設して運用を始めても目標利回りを得る事ができるでしょう。

クラウドバンクが簡単な理由

なぜクラウドバンクがそんなに簡単なのか?

それは、定期預金と一緒だからです。

考え方は全く定期預金と一緒です。

お金を預けて、運用期間が終わったら利息と共に出資金を得る事ができる。

運用期間中は解約できない。

全く定期預金と一緒です。

違いがあるとすれば、利回りの高さとリスクを考えなければならない事だけです。

利回りは5%を超えますので、銀行と全く異なります。

リスクは、銀行は1000万円まで保証ですが、クラウドバンクは保証ありません。

保証無しと言っても、貸付先から担保や連帯保証を取り付けているので、全く何も無い状態で貸し付けている訳でも無いのでご安心を。

興味を持たれた方は公式サイトから口座開設できますので一度お試しあれ。

⇒ クラウドバンクで資産運用

「とりあえず」な感覚で始めるクラウドバンク

居酒屋に入ったおじさんがビールを頼む様に、資産運用は「とりあえず、クラウドバンク」で始めることができます。

その手軽さは一体どこから・・・?

無料口座開設

もちろんですが、口座開設は無料です。

公式サイトの右上「口座開設」から仮登録し、後にメールで来る内容に返信後、本人確認の資料を送って終了です。

簡単に始めることができるから、手軽なんです。

公式サイトはこちらから ⇒ クラウドバンクで資産運用

手数料なし

どれだけ沢山の案件にいくら出資しても、手数料はかかりません。

手数料はゼロです。

だから、遠慮なく運用することが可能です。

1万円から運用可

最低1万円から出資可能です。

いきなり10万円とかの出資は負担が重いし、覚悟がなければ高額出資はできません。

1万円なら、資産運用としては比較的手軽にスタートできます。

解約も安心

もしクラウドバンクによる資産運用が自分に合わないと思ったときには、自由に解約可能です。

そこで無理な引き留めや、解約金などは一切ありませんし、運用資金も返還されることは規約にて明確化されております。

結局なんで「とりあえず」始めることができる?

なんで手軽に始めることができるかといえば、手間が掛からないからスタートしやすいことに加え、縛りが少ないことです。

銀行預金に不満を感じているけど、本格的な資産運用するにはリスクの見極めが出来ない人は、「とりあえず」クラウドバンクで運用してみましょう。

口座開設は公式サイトから可能です。 ⇒ クラウドバンクで資産運用

増えない所得と増やせる資産

サラリーマンの所得のピークは平成9年で平均467万円。

その後は下がる一方です。

今に至るまで下がりっぱなし。

昨今は円安の影響で過去最高益を出している企業も多くあり、昇給かなった方もいらっしゃるかと思いますが、全体を平均すると押し上げる程にはなっていないでしょう。

そんな右肩下がりの中で、最後の好景気のチャンスととらえるのが2020年の東京オリンピックです。

資産が継続的に増えていかない

この様な所得の増えない状況の中では生活に精一杯である人が多く、資産が一向に増える事はありません。

しかも、日銀のマイナス金利政策が、個々の資産増加に大きく影響しているという大問題もあります。

これは時代の流れでやむを得ない所もありますが、時代の流れに流されて、節約だけが唯一資産を増やす方法だとして必死に食費を切り詰めている様な受動体でいる限り、資産が増える事はありません。

資産を維持するだけなら現状維持で問題ありませんが、資産を増やすのであれば自ら動き出す必要があります。

厳密に言えば、物価は上がるが資産は増えないのであれば、相対的には資産が減っている事にもなります。

そんな時代の資産運用

そんな時代だから、積極的に資産運用する事が必用です。

もちろん安全性の高い方法で運用しなければなりません。

資産運用で資産が減ったなんて、本末転倒です。

今後はもっともっと混とんとしていると思います。

東京オリンピックで景気が少し上向いたと思ったら、直ぐに元に戻り、更に少子化により需要も減り景気は悪くなる要因しか見当たりません。

どんな時代でも、どんなに所得が増えなくても、自分で資産を増やす事ができる様に、今のうちから運用経験を積んでおくことが大切です。

安全性の高い資産運用は融資型クラウドファンディング。

その第一歩はクラウドバンクで始めましょう。

融資型クラウドファンディングのメリット&デメリット

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)には、メリットとデメリットがあります。

実際に運用する前にその内容を把握しておきましょう。

メリット

■ 安全性が高い

何度も説明しておりますが、他の資産運用と比較して安全性が高い事が特徴です。

しっかりと審査を行い、担保を取って連帯保証も取ったうえで融資を行います。

その辺りは銀行からの融資と全く同じです。

運用会社が元本を限りなく保証する様に努めている、又は万一の場合でも限りなく元本に近い金額を回収できるように努めているからです。

株などは、証券会社は元本を守ろうとする努力すらしていません。

■ 1万円から始められる

リスクを感じて大きな金額を出資できない人も、1万円からなら安心だと思います。

短期間運用の案件に1万円を出資してみて雰囲気を把握してから、徐々に大きな金額を運用してゆけばよいと思います。

ちなみに、一つの案件で考えると、一人当たり平均10万円出資しているようです。

■ 手数料が無い

手数料は融資先の企業への利息に乗せられており、分配されるときには手数料を控除した金額が分配されています。

従って、出資者から見れば一切手数料は掛かっていない事になります。

ウェブサイトに掲載されている利回りは、運用会社が手数料を控除した後の利回りです。

■ 高利回り

利回りは5%を超えた案件ばかりです。

運用するには少ないと感じるかもしれませんが、利回りと言う意味では、銀行や国債などと比較になりません。

株などの様なハイリターンには敵いませんが、ローリスクな資産運用方法の中では高い利回りです。

■ 制度が簡単

お金を貸してその利回りで運用すると言う単純さ故、何も勉強する必要はありません。

どの案件に、幾ら出すかを決めるだけ。

やる事はそれだけです。

■ 手間が掛からない

自分の出資した案件が一旦運用開始されたら、後は何もできません。

運用期間中は待つだけです。

株の様に売り時を気にする必要もありませんので、どんなに忙しい人でも利用できます

■ 口座開設が無料

運用するには口座開設が必要ですが、無料で可能です。

その手続きもネットで申し込み、本人確認の資料などを送付するだけで完了です。

解約時にも余計な引き留めもありませんし、お金も返還されますので安心です。

デメリット

■ 流動性に劣る

運用期間が決まっており、その期間内は返還されません。

緊急でお金が必要になっても換金できません。

急にお金が必要になる可能性のある人は、短期の運用期間の案件に出資したらよいと思います。

運用期間が4ヶ月や半年単位の案件も存在していますので。

ざわざわ手数料が掛かりませんので、運用期間4ヶ月の案件を回し続ければ、一応4ヶ月単位でまとまったお金が返還されます。

■ 元本保証無し

これは資産運用するであれば当たり前ですが、元本保証されません。

ただし、融資型クラウドファンディングは株やFXの様に価値が上昇したり下落したりするものではありません。

利回りは、企業への融資利息でまかなわれます。

資産運用の中ではリスクは小さく、安全性が高い運用と言う事は間違いありません。

■ 損失額がコントロールできない

株などは、嫌であればちょっとでも下がったら直ぐに売却すればいいのです。

そうすれば、最小限の損失で抑える事が可能です。

融資型クラウドファンディングでは、損失が出るのは融資先の倒産。

その時の損失を補うのは担保か連帯保証のみ。

担保と連帯保証をどこまで取れるかは、運用会社に掛かっています。

そこに出資側の我々が口を挟む事は出来ません。

よって、万一損失が発生した場合にはその損失額を確定する事ができないのが難点です。

■ 融資企業が不明

融資型クラウドファンディングでは、どの運用会社でも融資先の企業名を開示しておりません。

これは、貸金業法により規制されているからです。

自分で融資先の会社の状態を確認する事ができない為、運用会社の審査を信用するしかありません。

よって、安全性の高い案件を選ぶには、担保と保証がついているのは最低必要事項です。

更に、安全な案件の探し方のコツは、融資先ジャンルで判断する事です。

経済情勢により、不動産価格が大幅下落していれば、不動産への出資は見送った方が良いと思いますし、株価が上がっている局面や円安に振れた時には、中小企業支援の案件は安全な案件だと思います。

融資型クラウドファンディングの合う人

融資型クラウドファンディングの合う人は、資産運用を考えており、少しずつでもいいので安全に資産を運用したい人です。

また、難しいことはよく分からないけど資産運用をしたい人にも、制度が簡単なのでお勧めです。

年利5%など少ない金額でなく、もっと大きなリターンが必要な方は株やFXに挑んだ方が良いでしょう。

ただし、ギャンブル性が高くなるのでハイリスクですし、色々と制度の勉強も必要になりますので、明日から始めたいと言う人は難しいと思います。

分かり易く運用し易い融資型クラウドファンディングで有名どころは、次の2つのサービスです。

どちらも運用実績は同じで、正直どちらでも同じなのですが、運用のしやすさ、運用の窓口となるウェブサイトの分かり易さはクラウドバンクの方が優れていますので、クラウドバンクの方がお勧めです。

● クラウドバンク公式サイト ⇒ クラウドバンクで資産運用

● BSIソーシャルレンディング公式サイト ⇒ SBIソーシャルレンディング

資産運用では食べてはいけない!

資産運用では食べていけない!と題しましたが、資産運用とはどんなものがあるでしょうか。

株やFX、国債などが資産運用です。

それだけで生活する様な人、例えば月50万円を稼ぐとなると、相当額の元手が必要です。

FX(外国為替)運用

たとえばUSD1=110円の時に、100万円分のUSDを購入します。

すると、9,090ドル手に入ります。

で、この為替がUSD1=120円になった時に、手持ちの9,090ドルで円を買います。

すると、1,090,800円になります。

最初の元手が100万円だから、為替変動で90,800円儲けた事になります。

実際こんなに大きく為替が変動する事は滅多にありません。

実際手数料や税金が引かれるので、もっと少ない額になるでしょう。

これで、50万円を確保しようとしたら、500万円以上の金額を運用資金に回す必要があります。

しかも我々は日本人なので、円安になった時にドルで円を買う以外に日本円の収入になりません

円が高止まりしたら、ずっと損をし続けます。

でも、毎月為替が都合よく変動してくれるわけありません。

そのリスクを負いながら、500万円の資金を運転資金に回す事が出来ますでしょうか?

株運用

株式も業績や市場動向(心理)で上下する不安定なものです。

毎月安定して50万円を確保しようと思えば、デイトレードの様にパソコンと睨めっこして、ちょっと上がったら売る、ちょっと下がったら買う、を繰り返す必要があります。

100万円で買った株が10%値上がりして売り時とみて売った。

それでも、10万円です。

そう都合よく10%も値上がりする銘柄があるとも思いませんし、下がる事だってあるでしょう。

これで食べていくにはちょっと不安定すぎます。

国債・地方債

銀行預金に毛が生えた程度の金利。

論外です。

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングの年利回りは5%以上。

5%と計算しても、100万円預けて年5万円の利息。

1,000万円で年50万円の利息になるので、月50万円を確保するのであれば、1億2千万円を元手にしなければなりません。

全く現実的な数字ではありません。

所詮資産運用の域を脱しない

やはり資産運用と言うのであれば、リスクを減らして元本を少しずつ増やして行くイメージに切り替えなければなりません。

庶民の我々は、絶対に資産運用だけで食べて行こうなんて思わないように・・・。

じゃあ、リスクを減らして資産を少しずつ増やすのであれば何が最適かと言えば、融資型クラウドファンディングです。

株、FX、国債などは、リスクや利回りを考えると資産運用には向きません。

融資型クラウドファンディングは次の2社が有名です。

クラウドバンクで資産運用

SBIソーシャルレンディング

どちらかと言えば、クラウドバンクの方がお勧めです。

訪問すればわかると思いますが、会社の顔ともいえるウェブサイトがシンプルでありながら他と比べても明らかに分かり易い所です。

サービス内容としては全く変わりませんから。

銀行定期預金のメリット

ついに0.01%くらいの水準に落ちてしまった銀行預金ですが、銀行に預けるメリットはあります!

銀行預金のメリット

銀行預金の唯一かつ最大のメリットは安全です。

自宅に置いておけば紛失や盗難にあう恐れのある現金ですが、銀行に預けておけばその心配もありません。

更には超低金利で増える事はありませんが、元本を割る事もありません。

貯金箱代わりに使うには最適です。

銀行口座を持つメリット

銀行に預けるメリットは、自分の資産が守られる安全性だけです。

あとは、それが定期預金であれば、その預金を担保にお金を借りる事ができることです。

預金でなく、口座を持つメリットであれば数多くあります。

給料振込みや公共料金支払いなどが自動化できる事や、クレジット・デビットカードがつくれたりすることなど。

でも、口座を持つメリットを離してもあまり意味は無いですね(^^;

銀行預金のデメリット

銀行預金のデメリットは、金利が超低金利な事です。

貯金箱として考えるのであれば気にされないかもしれませんが、資産運用として考えるのであれば無意味です。

100万円預けていても100円の利子。(年利息0.01%のとき)

こんな利息は引き落とし手数料で吹っ飛びます。

銀行のメリットと資産運用を兼ねた方法

銀行のメリットは元本保証。

保証までは行きませんが安全性を保ち、かつ資産運用のできる方法としては、融資型クラウドファンディングがあります。

ソーシャルレンディングとも呼ばれているものです。

ネット上で最低1万円から資金を集め、1000万円程の金額にして企業に融資し、その利息を皆に分配するシステムです。

(もちろん500万円くらいしか集まらない事もありますが、それはそれで貸し付けを行います。)

融資は銀行と同じく審査を行い返済能力を確認してから、担保や保証をとって行われます。

その利回りは5%以上と高く、安全性+資産運用を兼ね備えた数少ない方法です。

国債や地方債なども資産運用として人気でしたが、今では超低利回り。

株やFXなどに至っては、証券会社も元本保全に努める努力すら見られません。

融資型クラウドファンディングの中で簡単に始める事ができるのは、日本クラウド証券という会社が運用する「クラウドバンク」と言うサービスです。

公式サイト ⇒ 目標年利回り5%の新しい投資スタイル

このサイトを訪問して頂けると分かりますが、シンプルで無駄のないサイトは分かり易く、文句の付けどころがありません。

この分かり易さから素人でも1万円から今すぐ運用可能ですので、銀行預金のメリットとデメリットに納得いかない方は、無料口座開設してみては如何でしょうか。